期間がどれくらい続くのか…倦怠期の不安の要因でもありますよね

TOP画
TOP画
 » 
 » 
倦怠期はいつまで続く?

倦怠期ってどのくらいの期間続くものなんだろう?

結局の所、人それぞれ

1ヶ月程度で倦怠期を抜けるカップルもいれば、半年もの間倦怠期が続いてしまうカップルもいます。

倦怠期になってしまうのはお互いが慣れ親しんでしまい「一緒にいてもつまらない」と感じてしまうのが原因です。
その時に「相手が自分のことを雑に扱っている」とか「連絡が全然ない」と原因を相手のせいにしてしまうと倦怠期が長くなる傾向にあります。

相手を責めるのではなく、まずは自分が相手を雑に扱っていないか、連絡を怠っていないか振り返ってみましょう。 自分の行動を変えることで相手の行動も変わってきます。
自分本位になって相手にワガママになっていないか、自分自身をチェックしてみましょう。

倦怠期をドンと乗り越える

別れる前に冷静になろう

終わる時期が不明瞭な倦怠期に耐え切れず、別れてしまうカップルも多いです。

相手とのケンカが増えて耐えられなくなったり、関係が冷めてきている事に不安を感じたりして、別れを決断するカップルも少なくなく、倦怠期は、恋人たちが別れる理由の上位に来ます。
倦怠期の時期はいつ別れが訪れてもおかしくない状態ですが、衝動的に別れを選択してしまうと、冷静になってから後悔する危険性もあります。

別れる前に一度冷静になってください。
一緒に過ごした日々のことを振り返ったり、相手が居なくなったらどうなるのか考えたりして、客観的に見てみましょう。
人間誰にでも短所と長所があります。 冷静になって、どうしても相手の短所を受け入れられないとか、人間的に尊敬できないということなら別れを選択するのもありです。

一時的な感情で判断するのではなく、自分にとって相手がどういう存在であるのかをしっかりと見極めることが大切です。

相手は自分の鏡です

倦怠期中の心掛けとしては、倦怠期独特の苛立ちや苦しさで相手に責任を求めがちですが、客観的な視点での自己反省を忘れない事です。

気心が知れてきたからこそワガママを言ったり、マンネリ化した状態となります。 相手の悪いところを見つけて、イライラしてしまったり、許せないと感じたりしてしまうことも多くなっているのではないでしょうか。
ですが、そういった気持ちを自分だけではなく相手も同じように感じていることを忘れないようにしましょう。
自分が感じていることは、相手も感じています。 「最近自分勝手だな」と相手に対して感じたら、自分はどうなのか振り返ってみましょう。

自分のことばかり考えていると倦怠期が長引く傾向にあります。 相手のことを配慮して、気遣う気持ちを持っていると意外と早く倦怠期から抜け出すことができてしまうものです。
思いやりの気持ちを忘れずに、相手に接してみましょう。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます