半年も付き合っていると恋人に対しての遠慮心が薄れてしまうもの

TOP画
TOP画
 » 
 » 
付き合って半年

付き合ってから半年、そろそろ遠慮の心が薄れてきます

積もった不満がついに爆発!

付き合って半年が経過すると、理想と現実の差から覚える違和感が積もりに積もって不満として爆発し、喧嘩をするようになります。
これはほとんどのカップルが通る道です。

今まではメールを毎日送ってくれたりデートプランをまめに考えてくれたりしていたのに、気が付けばメールの数も減りデートもマンネリ化なんていう付き合いになってしまうこともあるでしょう。
男性は、最初は相手を喜ばせようとして無理をしているところがありますが、それが半年くらいすると無理をしなくなるのです。

今まで頑張っていてくれたのが普通だと思っていた彼女からすると気持ちが冷めたのではと思ってしまいます。
思っていたのと違うと思ってもガマンしてしまうと、不満が爆発してケンカになってしまうのです。

倦怠期をドンと乗り越える

自分や相手の言動を振り返る必要アリ

半年間交際を続けてきた過程で遠慮心が薄れ、イライラした時などに口調が乱暴になる事もある時期になります。

今までは気遣いがあったのに、扱いが雑と感じてしまったり、無遠慮に放たれる言動に対して傷ついたり、気持ちが冷めたと感じてしまいます。

落ち込んだり傷ついたりした時は、被害者モードに入らずに冷静に自分の行動も振り返ってみましょう。
相手に対して自分自身も無遠慮な発言がなかったか、雑な扱いをしていなかったのか、相手の様子から自分自身を客観的に見てみる必要性が出てきます。
相手への不満や嫌なところ等を溜め込んで爆発させる前に、普段から素直に伝えることも大切です。

お互いにイライラモードの時は少し距離を置いてみるのもいいでしょう。
離れてみて自分の言動や相手の言動等を冷静に考えてみる時間も必要です。

半年経って倦怠期になったら

対策としては、相手は自分の恋人である前に、個性ある一人の人間である事をしっかり認識し、思いやりを忘れないようにしましょう。
彼氏の気持ちに共感をしたり、彼氏の興味あるものに興味を示したりしてみてください。

また、恋人だからと当たり前だと思って感謝の気持ちを忘れ、態度が横柄になっていることも考えられます。
小さなことにも感謝の気持ちを忘れずに「ありがとう」と伝えるようにしましょう。

自分の思った通りの行動をしないからといってイライラするというのは、彼氏が自分の思い通りに動かないと許せないという感情が隠れています。
彼氏だからという前に、一人の人間として尊重をする態度を示しましょう。

自分が彼氏に対して尊敬を示して大切にしていたら、彼氏にも尊敬されて大切にされるようになります。
相手に求めるばかりではなくてまずは自分がしてほしいように彼氏を扱うようにしましょう。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます