距離を置くことで恋人に対する気持ちを見つめ直すことができる

TOP画
TOP画
 » 
 » 
距離を置く

1ヶ月くらい恋人と距離を置くっていうのもいいかも

息抜きの期間として捉えよう

1ヶ月程度、恋人と関わらない予定を立てるなどして、悩みに耽らずに済むようにしてみましょう。
意識的に恋人と会わない期間を作り、距離を置くことも大切です。

付き合いが長くなると、顔を合わせるごとにお互いの嫌なところを見てしまい、会うたびにケンカになってしまうということも少なくありません。
そのような険悪でぎくしゃくした関係を続けていくよりも、少し距離を置いて客観的に二人の関係を見直す時間を作りましょう。

近すぎると良いところではなく悪いところが目についてイライラしてしまうものです。
別れるために距離を置くのではなく、相手への気持ちを見つめ直す息抜きの期間として1か月程度会わないで距離を取ってみましょう。

倦怠期をドンと乗り越える

会わない時間に自分磨き!

距離を置いている間、オシャレを勉強したり、資格を取得したりと、自分磨きに精を出すのがオススメです。

恋人と会う予定がびっしり詰まっていてやれなかったことにいろいろとチャレンジしてみることで自分のための時間を充実させて、自分磨きをしちゃいましょう。

おしゃれのセンスを磨いたり、メイクの勉強をしたり外見を美しくするのもいいでしょう。 資格取得のために勉強をして内面を磨くこともおすすめです。

今まで恋人と過ごしたり、恋人との関係で悩んだりしていた時間を思いっきり充実させ、今以上に素敵な女性になる時間にしましょう。
外見も内面も会えない期間に磨いておくことで、自分自身にも自信をつけることができます。

会えない時間が育てるもの

久しぶりに会った時に、新鮮な気持ちを抱いてトキメキが蘇ると共に、相手の存在の大切さを再確認できます。

恋人と離れている間に会いたさが募ったり、今何をしているのかなとふとした瞬間に思い出したりすることもあるでしょう。
その気持ちを大切にして久しぶりに会うと、一緒にいてドキドキしたりときめいたり、今まで忘れかけていた気持ちが蘇ってくることもあります。

会えない時に相手のやさしさ等のいいところが思い出されて、改めて自分の中の相手の存在の大きさ、大切さに気付くこともできます。
自分自身も離れている間に、自分磨きをすることで相手にドキドキ感を与えたり、惚れ直させたりさせることができるかもしれません。

距離を置く間に自分が相手に対してどのように感じているのか、一緒にいる時には気づくことができなかった気持ちに気付くことができるチャンスです。
会えない間にお互いに何をして過ごしたが、どのように相手のことを思っていたか等を伝え合うと、より関係が深めることができるでしょう。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます