特徴を前もって知っておけば乗り越えるべき倦怠期かどうか分かる

TOP画
TOP画
 » 
 » 
乗り越えるべき倦怠期の特徴

乗り越えるべき倦怠期に見られる2人の特徴はコレだ!

彼氏は話し合いに乗ってくれる?

乗り越えるべき倦怠期の特徴①
倦怠期の解決策について話し合いが出来ているのなら二人で倦怠期を乗り越えていきましょう。

お互いに倦怠期であるということを認識した上で、男性が話し合いに応じるのは気持ちがあるからこそです。

倦怠期の時は喧嘩も増え、お互いを傷付けるような言動が増えてしまい、関係がぎくしゃくしてしまうこともあるでしょう。
冷静なときに倦怠期であるということを相互理解した上で、これからの二人のことを前向きに話し合っていけるのであれば倦怠期は乗り越えられます。

倦怠期になってマンネリ化したデートや、お互いへの不満などの解決策を具体的に話し合っていきましょう。

せっかくの話し合いが喧嘩にならないように、不満を言われる相手の立場に立って言い方に工夫をしましょうね。

倦怠期をドンと乗り越える

別れたい理由が人間性を疑う理由じゃないなら

乗り越えるべき倦怠期の特徴②
倦怠期に陥った原因が、浮気や暴力じゃない時です。

お互いへのトキメキがなくなって浮気に走ったり、慣れ親しんだ関係だからと言って暴力をふるったりというような、人間性を否定される原因じゃなければ乗り越えるべきです。

倦怠期はどんなにラブラブなカップルでも必ず経験します。 倦怠期になったからといって、恋愛関係が終わりということではありません。

二人で乗り越えることで、二人の絆や信頼がより深まり、一緒にいると安心して、ありのままの自分を出せる安定期に入ることができます。

悪いところが目についてきていても、離れている時間に相手のことをふっと考えたり、自分のことを大切にしてくれていると感じることができるのであれば、大丈夫です。
お互いへの思いやりの気持ちを忘れずに倦怠期を乗り越えていきましょう。

ドキドキの代わりに生まれるもの

乗り越えるべき倦怠期の特徴③
友達感覚になったから、という理由で陥った倦怠期は乗り越えるべきだと言えます。

恋愛初期のような燃え上がる激情がなくても、相手のことを信頼し寄り添える関係になっているということです。

ドキドキしたりときめいたりという感情がなくなってしまうと、相手のことを好きではなくなったのではないかと不安に感じることも多いものですが、付き合いが安定期に入った事によって、一緒にいると安心したり、リラックスできたりするようになったと言い換える事ができます。
それは、お互いに信頼できて関係が深まっている証拠です。

もちろん、ドキドキしたいなと思ったら、たまには初めて行ったデートの場所に行ったりして、当時の気持ちを思い出したりしてみるのもいいでしょう。
要は、激しい恋愛感情が薄れたからと言って過度に不安になる必要なはいということです。

安定期に入っていると感じたら、二人で一緒に過ごす未来について一緒に考えてみると、お互いがなくてはならない存在であるということに気づくでしょう。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます