意味を見た時「倦怠期」と「ピンチはチャンス」はイコールだ!

TOP画
TOP画
 » 
倦怠期とは

倦怠期の本当の意味を知れば一瞬で前向きになるかも?

倦怠期の意味とは

『倦』という言葉は「同じ状態が長く続いて嫌になる、飽きる」という意味を持ち、『怠』という言葉は「だるい、億劫」という意味を持ちます。
これらが組み合わさった期間を指す倦怠期は、言わずもがな「飽きて嫌になる時期」ですから、ネガティブな心情が渦巻く期間となってしまうのも当然と言えるでしょう。

どんな事でも刺激がなくなれば飽きてしまうもの。飽きてしまったものが常に傍にあれば、それは辟易とするのも仕方ないと言えます。

例えば、物凄くラーメンが好きな人が「費用は他所持ちで最低限一日三食は毎日ラーメンを食べ続ける」生活を送る羽目になったとします。
恐らく最初は好きなものを好きなだけ食べられる事実に大喜びするでしょう。体に悪いぞとたしなめられる事もなく、食費すら掛からず、好物を食事として摂り続けられるなんて夢のような生活ですよね。朝にラーメン、昼もラーメン、夜もラーメン、満足感だってとてつもないレベルに達するのではないでしょうか。

しかし、いかにラーメンが好きな人でも日が経つにつれてこの食生活、つまりラーメンに対して必ず飽きてくる筈です。
米が食べたい、サラダが食べたい、味噌汁が飲みたい、そんな欲求が湧いてきても食生活を変えずにいる事でラーメンへの飽き飽きした感情がどんどん膨らみ、遠からず見る事すら嫌になり、最終的には好きだった筈のラーメンを嫌いな食べ物として認識してしまうでしょう。

最初は好きだったのに、何だか嫌になってしまう。カップル間に於ける倦怠期も正にこの状態なのです。

倦怠期をドンと乗り越える

倦怠期が訪れる意味

そもそもちゃんと好きだったら飽きたりなんかしないはず!食べものと恋人は違うでしょ!と思う方もいるかもしれませんが、残念ながら飽きる飽きないに於いて食べものと恋人の間に差が生じる事はありません。人間の順応力は私たちが自覚しているよりも高く、確実に働きかけてくるものなのです。

だからこそ、視点を変えてみてはどうでしょうか。
倦怠期は長く連れ添っているからこそ起こるものです。言い換えれば、倦怠期が訪れるほど長い期間を二人で共に過ごしてきた証となります。
そして、暗雲の立ち込める如き倦怠期を乗り越えてこそ、二人の絆は以前よりも明るいものとなり、一層に強固なものになると言えるのです。

倦怠期が訪れる意味を考える時、ただただ悲観に暮れるばかりでは乗り越える意欲は湧き起こらないかもしれません。
しかし、二人の未来を確固たるものにするための試練だと位置付ければ、倦怠期の持つ意味は一転して前向きなりますよね。
前を向く事ができれば、足並みを揃えて二人で倦怠期に立ち向かえられるようになると思いませんか?

上辺だけではなく、嫌な部分までをも目にした上で、それでも一緒に生きていきたいと思える相手かどうかを見極める時期と考え、今後の二人の未来を具体的に考えていくチャンスだと考えてみましょう。それこそが倦怠期が訪れる意味であり、理由でもあるのです。

別れるべき倦怠期も…

倦怠期は乗り越えるべきものであり、二人の未来を明るいものにするための試練だとお話ししたばかりですが、実は倦怠期の中には別れるべき倦怠期というものも存在します。
それは、互いに対して少しの尊敬の念も抱けなくなってしまった場合です。

恋愛に限らず、相手を尊敬できるかどうかという点は人付き合いをする上で欠かせない重要なポイントです。
相手を思いやる、尊重する、一個人として認め合う、こういった基本的な面が全く消え失せてしまった間柄は、ほぼ100%の確率でお互いを傷付け合うだけの関係となってしまいます。

もちろん倦怠期真っ只中にあれば、特有の苛立ちや不快感が先立って相手への配慮が欠けるなんて事態は往々にして発生してしまうものです。
ですが、例えば相手に対してイラッとした時、つい勢いに任せて傷付けてしまうような言動をしてしまった時、ふと罪悪感がよぎったりしませんか?
一人になった途端、怒りの感情が少し落ち着いた頃、「言い過ぎちゃったかもしれない」「何であんなにイライラしちゃったんだろう」といったように、後悔の気持ちが湧き起こるようであれば問題ありません。
しかし、相手を傷付けることに対して何ら気が咎めない、寧ろ際限なく傷付けてやりたい、などという禍々しいまでの負の感情しか残らないのであれば、それは大問題だと言えます。

一人の人間として相手を尊敬し尊重できなくなってしまっては、有益な関係を続けることは不可能です。そうなってしまってからの修繕がほとんどの場合無理である事実を思えば、それ以上の不毛な関係を続ける意味などないと判断できるでしょう。
執着は振り切り、互いの為に別れを選択すべきだと言えます。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます