後悔先に立たずとはよく言ったもの…安易に判断しない様に注意!

TOP画
TOP画
 » 
 » 
倦怠期を理由に別れると…

ちょっと待って!その判断、あとで激しく後悔するかも

不満を持つ事は関心がある事と同じ!

別れるべきではない倦怠期の場合でも、苛立ちや喧嘩が絶えなくなったりする事で衝動的に別れを選択してしまいがちです。

倦怠期の時期には、恋愛初期では気づかなかった相手への不満や許せない部分が目についてしまい、会えば喧嘩ということにもなりかねません。
つい勢いで相手を傷つける言葉を言ってしまったり、突発的に別れを告げてしまったりすると後悔してしまう結果になります。

倦怠期には相手への不満が爆発するものです。
安易に別れを選択してしまうのではなく、冷静になって本当に別れるべきなのかを考えてみましょう。

相手に対して苛立ちを感じるのは、相手に関心があるからこそです。
不満に思うことがあっても相手のことを大切に思う気持ちまではなくなっていないのであれば、簡単に別れを口にしないと自分でしっかりと心得ておきましょう。

倦怠期をドンと乗り越える

勢いで別れると必ず後悔します

嫌いになった訳ではない為、別れた後に冷静になった頃、やっぱり好きだという気持ちを自覚する事が多く、後悔するカップルが多いです。

喧嘩をして売り言葉に買い言葉でつい突発的に「もう別れる」と言ってしまったものの、好きな気持ちが残っていると言うんじゃなかったと自己嫌悪に陥ってしまうこともあります。
別れを相手に告げる時には、絶対に勢いで言ってしまわないようにしましょう。

倦怠期には相手のちょっとしたことを不満に感じてしまうものです。 別れてから後悔することがないように、別れる前に冷静になれるように尽力してみてください。

「もう別れる」って言いたくなった時には、付き合った時の相手の優しさや、ときめきを思い出して本当に別れても後悔しないか考えてからにしましょう。

復縁できるとは限らないのも事実

別れた事に後悔し復縁するカップルは多いですが、必ず復縁が叶うとは限りません。そもそも別れる前に2人で倦怠期を乗り越え、その経験を未来を共に過ごす礎にしましょう。

倦怠期は長く付き合ったカップルが必ず通るものです。

恋愛初期はトキメキやドキドキを感じますが、倦怠期を乗り越えたら素の自分でいることができ、一緒にいると安心感を得られるようになります。

倦怠期を乗り越えたら、二人にとって明るい未来が待っています。二人で協力をして足並みを揃えるようにしましょう。

お互いに今は倦怠期であるということを認識し、不満なことや直してほしいと感じていることを言い方に気を付けながら伝え合いましょう。

二人が協力して倦怠期を乗り越えようと覚悟を決めたら、衝動的に別れを選択することもなくなるはずです。
別れた後に後悔しないように、二人で頑張って乗り切りましょう。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます