3ヶ月経過すると付き合い始めの頃に感じた違和感が重みを増す?

TOP画
TOP画
 » 
 » 
付き合って3ヶ月

魔の3ヶ月…誰もが一度は聞いたことがあるフレーズ

不満が積もってくる3ヶ月

付き合って3ヶ月が経過すると、付き合い立ての頃から感じ始める「何か違う」という違和感が積もり、次第に不満になっていくことがあります。

恋愛において3の倍数はカップルが別れやすい時期だ言われています。
最初の3ヶ月目は魔の3ヶ月ともいわれ、ちょうど相手と一緒にいることにも慣れてきたころで、相手のいいところばかり見えていたのが気に入らないところや自分とは趣味が違うといったようなところが目についてくる頃です。
それがだんだん積もり積もって不満となり、相手への態度に表れやすくなってしまいます。

このまま一緒にいることへの不安からケンカが多くなり、関係がぎくしゃくしてしまうことも多くなる可能性も高いです。
ですが、どんなカップルでも必ず感じる感情なので、すぐに別れるという決断をするのではなく、冷静に判断をしましょう。

倦怠期をドンと乗り越える

恋愛ホルモンPEAの分泌が減少!

恋愛ホルモンPEAの分泌が減少し始め、盲目的な恋の状態が収束に向かっていく時期になります。

付き合う前から付き合い始めの頃はドキドキ感やときめきを感じていたのが3ヶ月くらいたてば落ち着いてきます。
相手のいいところしか見ずに美化していた部分もあったのが、冷静に客観的に相手を見ることができるようになる時期です。

恋愛ホルモンPEAが減少するのは相手への恋心がなくなったというわけではなく、付き合い方がステップアップしているということになります。 一緒にいて安心したり空気のように当たり前に感じたり、素の自分を出すことができたりする良い面も多くあるんです。
お互い猫をかぶっていたり隠していたりした部分もさらけ出した結果、付き合いが続けられるかどうかが試される最初の試練とも言えるでしょう。

3ヶ月経って倦怠期になったら

対策としては、どうしても改善してほしいと思う部分があれば、度を過ぎてガマンをするのではなく、ちゃんと意見を伝えることが大切です。
不満はあるけど、雰囲気が悪くなり関係がぎくしゃくするくらいなら私が我慢しようと妥協をすると、かえって不満がたまっていつか爆発してしまいます。
付き合い始めたばかりだからこそ、相手へのここは許せないとか譲れないという部分はしっかりと伝えておきましょう。
相手も彼女がガマンして黙っているよりも言葉にして伝えてくれることを待っています。

伝え方のポイントは、ただ相手を否定したり責めたりするのではなく、あなたの思いをプラスして伝えることです。
例えば危ない運転をやめてほしいというときは、「運転が上手なのはわかっているけど、あなたが事故に遭ったら心配だから安全運転してね」と伝えたら相手も受け入れやすくなりますよ。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます