ホルモンが恋愛当初のラブラブも倦怠期の始まりも作っていた!

TOP画
TOP画
 » 
 » 
ホルモンと倦怠期の関係

恋愛も、倦怠期も、始まりのキッカケは同じホルモン?

恋愛ホルモンPEA…って何?

別名恋愛ホルモンと呼ばれるフェニルエチルアミン(PEA)は、興奮系ホルモンのドーパミンを誘発する働きを持ち、恋愛の快感をもたらします。
PEAが持つ作用とドーパミンの作用により、愛初期は盛り上がると言えるでしょう。

好きな人を見るだけでドキドキしたり、勝手に気持ちがどんどん高揚したりする脳内麻薬のような働きがあるPEAは、好きな相手を追いかけている時期にはどんどん分泌されています。
つまり、目が合っただけで胸がいっぱいになったり、食事がのどを通らなかったり、夜も眠れないといった『恋の病』と言われる症状を引き起こしているのがPEAなのです。

また、PEAには消化を促進する効果があるために、便秘解消によるダイエット効果や美肌効果も期待できる恋愛ホルモンです。

倦怠期をドンと乗り越える

恋愛ホルモンには賞味期限がある

PEAが分泌されると恋に落ちると言われ、恋愛の始まりから初期の高揚感までを司りますが、3ヶ月頃から減少し3年程度で分泌されなくなります。
一つの恋愛でPEAが分泌し続けるということはなく、恋の賞味期限があるのです。

一般的に時間の経過とともに徐々にPEAは減少していきます。 PEAは中毒性も強いため、長期間分泌し続けることは脳にとって良くないためにそういうメカニズムになっています。
PEAによって不安や緊張を感じながら長い時間過ごすということは不可能なために、永久に分泌をし続けるということはどんなカップルでもできず、時間の経過とともに相手のことを理性的に判断するようになるのです。

PEAの減少によって恋愛初期のドキドキが終わり、結果的に倦怠期に突入します。
恋愛ホルモンPEAを分泌させる方法は『倦怠期の乗り越え方』内の『 PEAを分泌させる』のページに記載しています。

癒しホルモンのある倦怠期は心配無用

幸せホルモン、癒しホルモンとの別名を持つセロトニンは、リラックスさせるホルモンで、PEAの分泌がなくなると増え始めます。
恋愛初期に感じるドキドキ感や緊張感とは違って、穏やかな安心感が得られます。

セロトニンが不足していると、気分が不安定で情緒不安定で疑心暗鬼になったり、ネガティブになったりしてしまう傾向にあります。

リラックスの状態になるセロトニンが分泌されている倦怠期は、別れの危機が少ない倦怠期といえます。 相手と一緒にいるとドキドキ感やときめきはないものの、心が穏やかになり、リラックスできるからです。

セロトニンは恋愛の持続ホルモンとも呼ばれていて幸福感や安定を感じることができるホルモンになります。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます