冷たい態度やそっけない振る舞いは倦怠期をますますこじらせます

TOP画
TOP画
 » 
 » 
笑顔、忘れてない?

不機嫌な表情や冷たい態度ばかりになっていない?

自分の態度を振り返る

相手に対しての自分の表情が不機嫌になっていたり、そっけなく冷たい態度になったりしていないか、思い返してみましょう。

相手に不満を持っていると、それが表情や態度に出ます。
相手に、変に気を遣わせてしまっていることもあるかもしれません。

相手の表情や態度は、自分の表情や態度を映す鏡です。

彼氏を見ていて不機嫌でそっけない素振りだなと感じたら、自分はどうなのか振り返ってみましょう。

心の中で不満に思っていても、何が不満なのかまでは相手には伝わりません。 相手が嫌な気持ちになるような表情や態度で「察してほしい」オーラを出すと、余計に関係がこじれるだけです。
きちんと相手に分かるように言葉に出して、素直に伝えるようにしましょう。自分の振る舞いや言動に気を付けることで相手も気づいてくれるかもしれません。

倦怠期をドンと乗り越える

意識してでも笑顔を保つ!

倦怠期中はイライラしている事が多いものですが、相手と一緒にいる時こそ意識的に笑顔で相対するように心掛けましょう。

男性は好きな人が笑顔でいてくれることが嬉しいものです。
それに、せっかく一緒にいる彼女がいつもイライラして怒った顔をしていたら、相手だって大切にしたいという気持ちは湧かなくなってしまいます。

相手の嫌なところばかり意識してイライラするのではなく、一緒にいる時は笑顔でいる努力をしてみましょう。
自分が笑顔でいると、相手も機嫌が良くなったり優しくしてくれたりする可能性が高まります。
会う前には鏡の前で笑顔チェックをしていくのもおすすめです。

話を聞くという事はすごく大切

会話の最中に興味がなさそうな態度を取らず、しっかり目を見て頷きながら相槌を入れたりしつつ話をちゃんと聞きましょう。

「いつも私の話を聞いてくれない」「つまらなそうに聞く態度が嫌」といった不満を感じているなら、きっと相手も同じように不満を持っているはずです。

自分にとって興味のない内容だとしても、それを話している相手の気持ちを尊重して、あからさまに無視をしたり、聞きたくないオーラを出したりするのはやめましょう。

内容に興味がないのであれば、その会話をしている相手の気持ちに寄り添ってみてください。
仕事の話であれば「大変そうだな」とか「頑張っているんだな」と相手の気持ちを汲み取るだけでも態度が違ってきます。

相手がどう感じ、どうして彼女に話したくなったのか等、相手の立場に立ってみる事は大切です。
目を見て頷く仕草や、「大変だね」「頑張っているんだね」と思ったことを口に出して伝えると「聞いてくれた」と相手もうれしく感じます。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます