乗り越えるべき倦怠期をしっかり乗り越えた先に待つ未来とは?

TOP画
TOP画
 » 
乗り越えるべき倦怠期

倦怠期には乗り越えるべきものと別れるべきものがある

見極めは後悔しない為にも

乗り越えるべき倦怠期を見極めることで、まず必要最低限とも言える倦怠期を乗り越える決意が固まります。

倦怠期という魔の期間を脱するには並大抵の覚悟では中々務まりません。

自分でも制御し切れない負の感情に流されることなく、ワガママを押し付けることをやめて、恋人を慮りながら、イライラとケンカを繰り返す状況やマンネリとした事態を打開する必要があることを思えば、強い意志を要することは考えるまでもないですよね。

そして、実際に乗り越えた先で二人の絆が深まり、今までよりも一層互いを尊重し合う関係を築くことができます。

乗り越えるべき倦怠期とは、つまり二人にとっての本当の幸せを手に入れるための試練であると言い換えられるのです。
別れを選び後悔するパターンは、この乗り越えるべき倦怠期に屈してしまった場合であると言えるでしょう。

別ページでご紹介している『別れるべき倦怠期』との違いは何か、結論として今自分が置かれている倦怠期がどちらの倦怠期に属するのか、現状をしっかりと見極めることで、後悔のない未来を是非掴み取って頂きたいと思います。

倦怠期をドンと乗り越える

二人の未来を考えよう

二人で倦怠期を乗り越えた未来、恋人と別れた未来、どちらが自分にとって正解だと言えるのかシミュレーションしてみるというのは有効な見極め方法だと思います。

付き合い始めの頃から現在に至るまで二人でどんな日々を過ごしてきたか、どんな風に相手を想ってきたか…黒々とした感情に胸中が支配されがちな倦怠期だからこそ、二人で作ってきた思い出を振り返り、二人で進む未来に繋がる道筋までを脳裏に描いてみましょう。

思い返した時、心が温まるような感覚は得られましたか?未来を想像した時、多少なりとも心が弾むような実感を得られましたか?

表面上では飽き飽きした心情であったり腹立たしい気分だったりが先立ってしまい、ともすれば本当に相手のことを好きかどうかすら分からなくなってしまうものですが、心の奥底で、それが例えかすかだとしても、確かに相手を想う気持ちが灯っているのであれば大丈夫ですよ。

乗り越えるべき倦怠期は、必ず乗り越えられるものです。
互いに互いを大切に想う気持ちと、これからも傍にいたいと念じる気持ちが、倦怠期を打破する力となるのです。

何よりも大切なものは思いやり

「よし、倦怠期を乗り越えるぞ!」と気持ちが固まり、いざ実行に移そうと思った際、一つ絶対に忘れてはならない注意点が、相手の気持ちを置き去りにしないことです。

もし、あなただけが倦怠期に陥っているのであれば自分の心掛け次第で状況の好転を図れる事には違いないのですが、相手も同様に倦怠期に陥っている、または相手だけが倦怠期に陥っている場合、相手の考えや心情に気を配らないままやれいけそれいけと事を進めてしまうと、脱倦怠期のために試みたはずなのに逆に二人の関係性を悪化させてしまうなんてことにもなりかねません。

我を押し付けるような言動は、倦怠期に限らずいかなる時でも控えた方がいいですよね。何よりもまず相手を尊重する思いやりを忘れてはいけません。

二人の未来のために現状を打開する、そんな強い気持ちを持つことで恋人をないがしろにしてしまわないように意識し、倦怠期を乗り越えていきましょう。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます