コミュニケーションを上手に取って遠距離恋愛のハンデをなくそう

TOP画
TOP画
 » 
 » 
遠距離恋愛の場合

遠距離恋愛はコミュニケーションで倦怠期を打開せよ!

実物が一番!

遠距離恋愛のコミュニケーション方法①
直接会いに行っちゃいましょう。

遠距離恋愛はすぐに会える距離にいないために、電話やメールでのやり取りが必然的に多くなります。
そのために相手の気持ちが汲み取れなかったり、自分の気持ちが伝わっていなかったりと伝達がうまくいっていないがためにお互いの気持ちがすれ違ってしまうということも起きてしまいます。
連絡が希薄になっていると感じたら直接会いに行きましょう。

その時に相手の都合等を考慮する事が大切です。
そのためにサプライズ訪問は避け、きちんと相手に会いに行きたいと伝えて会いに行ってもいい日を聞きましょう。

倦怠期をドンと乗り越える

たまにはサプライズも

遠距離恋愛のコミュニケーション方法②
サプライズプレゼントを贈ってみましょう。

自分がなかなか会いに行くことが難しい場合は相手が喜びそうなプレゼントを贈るという手もあります。
ただその時に高価すぎたり、大きすぎたりする物は迷惑になる場合もあるので避けましょう。

例えば彼氏に似合いそうな服とか小物、文房具といったものを選んで、「買い物をしていたらたまたま似合いそうなのを見つけたから」と言ってみましょう。
そうすることで離れていてもいつも思っているよということを相手に伝えることができます。

自分がプレゼントしたいものではなく、彼氏が喜びそうなものを選んであげましょう。 誕生日や二人の記念日に送るのもいいですが、何でもない日にサプライズプレゼントするとさらに彼氏を喜ばせることができます。

思い出話に花を咲かせる

遠距離恋愛のコミュニケーション方法③
「いつかのデートで○○に行ったよね」といった二人に纏わる思い出話を共有しましょう。

二人にとって思い出の場所の話をすることで、その時感じた気持ちやまた行きたいといった気持ちが蘇らせることができます。
二人で行った場所について話していくうちに、お互いの気持ちに共感し、気持ちが盛り上がってきて会いたい気持ちが膨らんでくるかもしれません。
離れている時間が長いからこそ、一緒に過ごした時の思い出を二人でたくさん共有しましょう。

電話やメールでのやり取りは、二人のとって楽しい思い出やこれからの楽しいことの計画を伝え合うのに使うようにしましょう。
相手への不満や不安な気持ちを電話やメールで伝えても、直接会っていないのでうまく気持ちが伝わらずに余計に不満や不安が積もったり、ケンカになってしまって関係がこじれてしまったりすることもあります。
そうならないようにするためにも、不安や不満は直接会ったときに伝えるようにして、余計なケンカの原因を作らないようにするのが得策です。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます