男心を知ることで不安や疑惑がカラッと晴れるかもしれません

TOP画
TOP画
 » 
 » 
男心とは

それ、倦怠期とは限らないかも?男心を読み解こう!

あんなに熱心だったのに…

男性は狩猟本能を持っています。それは、獲物を手に入れた確信を得るとまったりモードに変わるもの。
狙った女性をゲットできた安心感も相まって、恋愛に対する努力の手を抜きがちになるのはこのためです。

恋人になるまではあの手この手でいろいろと女性が喜ぶようなことをしてくれていた男性も、自分のものになったらメールや電話が減るということも少なくありません。
高級なレストランや素敵な夜景によく連れて行ってくれていたのに、付き合ったとたんに手のひらを返したように出かけるのさえ面倒くさいなんて態度になってしまうこともあります。
それは気持ちが冷めたというわけではなく、自分のものになったと安心している男心からの行動なのです。

もちろん男性でも個体差があり、付き合う前と付き合ってからで態度が変わらない男性もいます。
付き合う前にナルシストだったり、自己中心的で飽きっぽかったりというような態度を感じたら、恋愛に対する努力を抜きがちな人になる傾向にあると言えるでしょう。

倦怠期をドンと乗り越える

何か扱いが雑じゃない?

男性は交際期間が長くなると「何をしても受け止めてくれる」「気を遣わなくても良い」との甘えが出て、恋人の扱いが雑になりがちになります。

交際期間が長くなると、ドキドキ感よりも、一緒にいて楽と感じる空気のような存在になっていきます。そのために家族のような存在になってしまうことも多く、何をしても許してくれる、気を遣わなくても良いや、という甘えが出てくるのです。
関係に慣れきってしまい、恋人としての分かりやすい愛情表現や、恋人を喜ばせようという思考回路が働かなくなってしまう、とも言えるでしょう。

ただし、空気も家族もなくてはならない存在であるという証拠です。たまには自分から愛情表現や男性が喜びそうなことをしてみるのもいいでしょう。

何で連絡がないの!

男性は一人の時間を非常に大切にしたいと考える為、会わない期間や連絡が取れない時があっても一切の他意がない場合も多いです。
男性にとって自分の時間を持つということはとても大切で、会わない期間があったり、しばらく連絡がなかったりしたからといって浮気をしているとは限りません。
男性は人や日常から離れて一人の時間を持つことで、心のバランスをとる傾向にあるのです。

女性はもともとコミュニケーション能力が高いために、恋人だけではなく友達ともおしゃべりをすることでストレス解消ができたりします。 逆に、男性は根っこの部分で一匹狼的なところがあるために、誰にも干渉されない一人だけの時間を欲しいと考るのです。

このような男心を理解しておくと、他に好きな人ができたのかなと不安にならなくて済みますよ。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます