NG言動を起こしてしまうと倦怠期はどんどん悪化してしまう!

TOP画
TOP画
 » 
 » 
やりがち!実はNGな言動

やりがちだけどやっちゃダメ!倦怠期のNG行動3選

トゲトゲした感情のままの言動はNG

倦怠期中のNG行動①
感情に任せて攻撃的な口調や言葉を口にするのはやめましょう。

倦怠期の時期は相手のちょっとした行動や言動にイラッとしやすく過剰に反応しやすくなっています。

そのために相手に対しての不満が溜まってきたときには感情的で攻撃的な言葉が出やすくなるので注意が必要です。

相手に対して不満が爆発しそうになったら、一度深呼吸をして落ち着いて冷静になりましょう。
相手のことを考えて言い方を柔和にするだけで印象が全然違うものになります。

感情的で攻撃的に相手に伝えると相手を傷付けるだけで、気持ちが伝わらないこともあります。
相手の自尊心を尊重して、伝えるようにしましょう。
男性は特に自尊心が高いので、自分のことを攻撃する人には嫌悪を感じてしまう場合があるので注意が必要です。

倦怠期をドンと乗り越える

黙って距離を置くのはNG

倦怠期中のNG行動②
突然黙って極端に距離を置くと自然消滅の可能性があります。

気持ちを伝えずに黙ったまま距離を置いてしまうと、彼氏からも連絡が途絶えてしまい、すれ違いのまま自然消滅ということにもなりかねません。

距離を置く場合には、適当な言い訳でも良いのできちんと距離を置く事を伝えることが大切です。
突然極端に距離を置かれたら気持ちが冷めたのかな、嫌われたのかなと不安にさせて連絡を取りにくくさせてしまうかもしれません。

相手のせいで距離を置くと伝えるよりも、自分の都合で忙しくて会えないというように伝えることがベストです。
会いたいけど会えないのだというように伝えることで相手に対して余計な不安や誤解を与えずに済みます。

一人で突っ走るのはNG

倦怠期中のNG行動③
気張りすぎて独りよがりなデートを計画することはやめましょう。

最近マンネリ化になってきて、相手がつまらなそうだからと言って、自分一人でいつもと違ったデートを計画してしまうと失敗してしまう可能性があります。

独りよがりで決めてしまった結果、相手が行きたくないところだったりすると余計にデートを面倒に感じたり、関係をぎくしゃくさせてしまう原因にもなりかねません。

せっかく頑張って二人の仲をラブラブにしようと計画したデートが逆効果になってしまいます。
しっかりと相手の望みを尊重する為にも話し合う事が大切です。

「最近デートがマンネリ化してきたから一緒にデートの計画立てよう」というように、まずは相手に提案してみましょう。自分が行きたいところばかりではなく相手の行きたいところも尊重しあう話し合いをすることが大切です。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます