デートプランをいつもと変えてマンネリ気味のデートから脱却!

TOP画
TOP画
 » 
 » 
いつもと違うデートをする

プランを変えて代わり映えしないデートから脱却を!

まずはデート場所を変えてみる

街中でのショッピングデートをする事が多いなら、遊園地デートや公園デートに行くなど、いつもと違う場所でデートをしてみましょう。

普段デートプランを考えずマンネリ化して、よく行くお店を回るショッピングデートに飽き飽きしているのなら、思い切って自分でデートプランを提案してみるのは効果的です。
いつも相手任せなら、「行きたいところがあるから一緒に計画立てよう」と声をかけるだけでも相手は新鮮に感じます。

カップルがよく行く定番の遊園地なら、雰囲気も手伝ってドキドキ感を取り戻せるかもしれません。

公園デートなら、いつもはお店で食べるところをちょっとだけ頑張ってお弁当を作っていくというのも相手へのサプライズになっていいでしょう。

一緒に行ってみたいところのパンフレットをお互いが集めてきて計画することもおすすめです。

倦怠期をドンと乗り越える

変えてみるのはちょっとした事でOK

夜デートが多いなら早朝デートをするなどして会う時間を変えたり、並んで立つ位置を変えてみたりなど、ちょっとした事でも良いので普段と変えてみましょう。

会う時間を変えるだけでも、夜と朝では周りの雰囲気も変わるために、新鮮さを感じることができます。
夜会うだけだと時間が短いですが、早朝からどこか少し遠くに出かけてみると、変化があっていいでしょう。
逆に会う時間を少し短くしてみるのもいいかもしれません。 まだ帰りたくないと寂しい気持ちを感じ、もっと一緒にいたいと相手の大切さに気が付くことができます。

いつもはただ並んで歩いているのを、思い切って手をつないでみたり、腕を組んでみたりすると相手に喜ばれるかもしれません。
相手が行動してくれるのを待っているよりも、自分から積極的にいつもと違う行動を心がけてみましょう。

デートプランを変えるだけでドキドキが復活

普段と違うデートをする事で新鮮な感覚が芽生え、恋愛初期の頃のようなドキドキを取り戻せます。

マンネリ化したデートプランでは飽きてしまっているためにお互いがつまらないと感じているでしょう。
付き合った頃はよく行ったけど最近行っていない場所に行ってみるのも、付き合った時のことを思い出せて気持ちが盛り上がるものです。

普段が車移動ばかりだったら、たまには電車で遠出をしてみるとか、散歩をしてみるのも変化を感じ、新鮮に思えたりしますよ。

意識的に新しい場所に行ってみたり、初めてのお店を提案したりしてみましょう。
行く前のドキドキワクワクした気持ちによって、恋愛初期のような初々しいドキドキ感を感じることができます。
また、自分のメイクや髪型を変えてみるというのも効果的です。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます