3年も経過すると高揚感を伴う恋愛感情はほとんど消えてしまう

TOP画
TOP画
 » 
 » 
付き合って3年

倦怠期に陥りやすい3の倍数、3年目…恋愛感情は?

恋愛感情はどこへ?

付き合って3年が経過すると、恋愛ホルモンPEAなど気分を高揚させる恋愛ホルモンが分泌されなくなり、恋愛感情がほとんど消えていきます。

代わりに安心を感じる幸せホルモンであるセロトニンが分泌されるようになります。
一緒にいると安心してリラックスでき心地よいと感じることができれば、寧ろ良い関係に落ち着いたと言えるでしょう。

3の倍数でもある3年の付き合いは、今までの付き合いを振り返る時期にもなり、倦怠期の訪れを感じる時期でもあります。
あまりに一緒にいるのが長すぎて、好きという感情があるのかわからなくなり、「このままこの人と一緒にいてもいいのかしら」と不安を覚えることがあります。
一緒にいる時に自分が安心や幸せを感じるか、それとも嫌な気持ちを感じているのか自分の気持ちを客観的に見てみましょう。

倦怠期をドンと乗り越える

自分も彼氏も余所見しがち?

恋人に対して恋愛感情を抱けない状態から、相手に対しての気持ちが一気に冷める可能性が高い時期になります。

恋人に対してトキメキを感じないために、別の男性に余所見をしてしまいそうになる危険な時期ともいえます。
自分にとってドキドキやトキメキが必要ということであれば、確かに3年付き合った相手に感じるのは難しいものですが、それ以上に自分の良いところや悪いところも受け入れてくれて、一緒にいてくれる相手のことを裏切ったらどうなるか冷静に考えてみましょう。
相手への気持ちが冷めているときこそ、どうして3年も一緒にいることができているのかを振り返り、余所見をしてしまう自分のことを戒める心構えも必要ですよ。

また、つい余所見したくなる時期である事は相手も一緒です。
相手の態度にも気を配り、余所見をしそうになっていないか観察してみることも必要な時期かもしれません。

3年経って倦怠期になったら

恋愛感情が消えてしまっても、お互いに築いてきた関係性が良好で、相手の事を人間として愛していれば大丈夫です。

恋愛感情を感じないからといって、恋人関係が終わりに近づいているということではありません。
関係が落ち着き、お互いを空気のように感じ、お互いにとって必要不可欠な存在になっているということでもあるのです。

二人で過ごしてきた3年間を振り返ってみて、互いに尊重し合い尊敬できる関係、大切にできる関係性を作り上げてきたと感じられるならば心配はいりません。

恋愛感情は一時的なものですが、相手に対して人間として魅力を感じ、一緒にいるのなら、その気持ちを大切にしていきましょう。
一個人として尊敬しあえる関係でいられたら、これからもお互いを高め合うことができる関係でいられます。

倦怠期をチャンスに変える方法教えます